ライヴ帰省に合わせて、
国立国際美術館に行ってきました。

この美術館は、2004年に開館したそうで、
私が金沢に住んでから出来た美術館。
ずっと行きたいなぁと思っていました…。

今回の展覧会は、草間彌生さんの『永遠の永遠の永遠』
草間さんの作品をちゃんと拝見するのは初めてでした。

なんていうのかな…。

気持ち悪いんだけど、
なんだかかわいくって、
ごちゃごちゃしてるけど、
どこかすっきりしていて、
近くで見ても、遠くで見ても、
どこから見ても面白くって、
そしてどこか美しい…。
そんな作品たちでした。

特に最新作(3作品)は本当にすごかった。
本当にパワーを感じました…。

こんなこと言ったらダメかもしれないんだけど、
遺作になるんじゃないかって思うくらい、
本当にすごいなぁって思いました…。

日曜日だったのもあって、
それはまぁ本当に大勢の人で疲れました。
ショップでグッズ買うのを断念するくらい多くの人で…。

でもね、美術館が賑わっているのって、
なんだか嬉しくなりました…。
多くの人に必要とされている感じ。
そういうのが、とてもいいなぁって思いました。

でもやっぱり、本当はね、
美術館には平日に一人で行く。
というのがオススメですけどね。

私は美術館は好きなんだけど、
時々、作品をじっと見つめているとね、
作った人のパワーを感じて苦しくなったりするんですよね…。

草間さんの場合はね、なんていうか…。
この世界で生きてゆくのが、
本当に本当に大変だったんだろうなぁ…。
よく、ちゃんと生きられたなぁ…。
それはもう本当に辛かっただろうなぁって…。

私は草間さんのことね、
全然知らなかったし、
今も詳しいことは全然知らないけれど。
作品からはそんな風に感じられました…。

きっと本人にとっては、
この世界は住みにくく、そして、
生き辛かったことでしょう。
でもちゃんとクリアしていることが本当に素敵でした…。


きっと天才という言葉は、
こういう人のためにあるんだろうなぁ…。

でも、そういう人も世の中には存在していて
ものすごく必死で生きているんだろうなぁ…。

そういうことが確認できたような気がして良かった。

やっぱり、芸術は素晴らしいなぁと思いました。
スポンサーサイト
2012.02.13 Mon l アート l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://masa1031.blog92.fc2.com/tb.php/544-e9a9bba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)