おばあちゃんの葬儀のため、
熊本に行ってきました。

スマフォで大阪までの特急券と、
熊本までの航空券を急いで確保し、
スーツケースに要るものを詰め込んでの出発。

バタバタしてて大変でしたが、
飛行機の旅、特に数年ぶりの伊丹空港に
行けたのは本当に嬉しくて幸せでした。

熊本到着後、お通夜の会場へ。
お人形みたいなおばあちゃんと対面。
複雑な気持ちでしたが、手を合わせて。
親戚のみなさんと久々の顔合わせ。

翌日はお葬式。
孫たち数人でおばあちゃんに送る言葉を添えて、
人生で初めて、火葬場まで行きました。
魂の抜けた身体が、遺骨だけになって、
ああ、こうやって、人の一生って、終わるんだなぁと思いました。

アナウンスの方の、おばあちゃんに対しての、
お疲れ様でした。
という言葉が本当に印象的でした。
葬儀って、よく出来ているんだなぁとも思った。

きちんと送り出すことは本当に大切。
震災や津波で、それが出来なかった人たちのことを思うと、とても胸が痛みました…。

他界することは悲しいけれど、
でもきちんと送り出せる人がいるのは、
ありがたくて幸せなことなんだなぁと…。
家族って本当にありがたいなぁと。


ばあちゃん、
いつも優しくしてくれてありがとう。
ばあちゃんがみんなを愛してくれたように、
みんなばあちゃんのことが大好きです。
今頃は天国でじいちゃんと仲良くしてるかな。
これからも見守っていてくださいね。














スポンサーサイト
2016.12.05 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://masa1031.blog92.fc2.com/tb.php/1260-a89f9780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)