ライヴ帰省に合わせて、
国立国際美術館に行ってきました。

この美術館は、2004年に開館したそうで、
私が金沢に住んでから出来た美術館。
ずっと行きたいなぁと思っていました…。

今回の展覧会は、草間彌生さんの『永遠の永遠の永遠』
草間さんの作品をちゃんと拝見するのは初めてでした。

なんていうのかな…。

気持ち悪いんだけど、
なんだかかわいくって、
ごちゃごちゃしてるけど、
どこかすっきりしていて、
近くで見ても、遠くで見ても、
どこから見ても面白くって、
そしてどこか美しい…。
そんな作品たちでした。

特に最新作(3作品)は本当にすごかった。
本当にパワーを感じました…。

こんなこと言ったらダメかもしれないんだけど、
遺作になるんじゃないかって思うくらい、
本当にすごいなぁって思いました…。

日曜日だったのもあって、
それはまぁ本当に大勢の人で疲れました。
ショップでグッズ買うのを断念するくらい多くの人で…。

でもね、美術館が賑わっているのって、
なんだか嬉しくなりました…。
多くの人に必要とされている感じ。
そういうのが、とてもいいなぁって思いました。

でもやっぱり、本当はね、
美術館には平日に一人で行く。
というのがオススメですけどね。

私は美術館は好きなんだけど、
時々、作品をじっと見つめているとね、
作った人のパワーを感じて苦しくなったりするんですよね…。

草間さんの場合はね、なんていうか…。
この世界で生きてゆくのが、
本当に本当に大変だったんだろうなぁ…。
よく、ちゃんと生きられたなぁ…。
それはもう本当に辛かっただろうなぁって…。

私は草間さんのことね、
全然知らなかったし、
今も詳しいことは全然知らないけれど。
作品からはそんな風に感じられました…。

きっと本人にとっては、
この世界は住みにくく、そして、
生き辛かったことでしょう。
でもちゃんとクリアしていることが本当に素敵でした…。


きっと天才という言葉は、
こういう人のためにあるんだろうなぁ…。

でも、そういう人も世の中には存在していて
ものすごく必死で生きているんだろうなぁ…。

そういうことが確認できたような気がして良かった。

やっぱり、芸術は素晴らしいなぁと思いました。
スポンサーサイト
2012.02.13 Mon l アート l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日じゃない日付書くのって変なの~。
さて、旅行記の続き・・・。
よろしければお付き合いください。

今回の旅のメインといいますか・・・。
一番行きたかった場所へ。
それは、『川崎市民ミュージアム』

バスの乗り方がわからなくて、
勝手に乗り込んだら「並んでるんですけど!」
って怒られてしまいました(笑)・・・。
こちらでは、後ろ乗りの前降り。
都会のバスは料金一律だから、前乗り後ろ降り、なんですね。
全然わからなくて、焦りました。
そういやぁ、東京で初めてバスに乗ったかも。
(っていうか、神奈川で、なんだけどね(笑)。)

福田繁雄大回顧展
本当に本当に楽しかったです!!

昔から知ってた、とかいうのでもないんですが、
なんとなく知っていて、ちょうどいいときに展覧会があって。
本当に面白い、というか、楽しかったです。

使えないものの無駄な感じ。
そして、意味のない感じ。
でも、それが本当にとてもおもしろくて。
意味のないものを作るのに、本当にちゃんと計算されている。
でもそれはきっとものすごく意味があるんだろうな。
なんだか、そういう狭間、みたいなものに、心をくすぐられる。

ご本人も、生前のことは知らないのですが、
映像で観る限り、とても紳士的な方のようで。
きっと沢山の人が、福田さんにワクワクを頂いたのでしょうね。

もしかしたらアートって、
『意味のないことを一生懸命すること』
なのかもしれないなぁ・・・。
などと思った1日でした。。。

2011.10.07 Fri l アート l コメント (0) トラックバック (0) l top
さて、羽田空港に到着後、
京急で横浜へ向かいました。
目的は 『ヨコハマトリエンナーレ2011』
横浜も横浜美術館も初めてだったんだけど、
横浜ってめちゃくちゃ都会なんですね!!

普段住んでるところもそうだけど、
職場がとてつもなく田舎なので、
建物高いだけで、テンションあがりました!

それにしても横浜美術館ね、
めちゃくちゃ大きかったです。
なんかね、ルーヴルほどではないけれど、
オルセーよりは大きいかな。
そんな感じでした。(←あくまでイメージ)

基本的に写真撮影がOKなようで、
みんなバシバシ写真撮ってました。
カメラ持って行けばよかったな~。
(携帯でちょこちょこは撮影したけれど。)

おおっ!これは撮りたいわ~!!
と思って気合い入れた作品だけは
「恐れ入ります」って断られたけれど(笑)。

本当に大きな会場で、本当にたくさんの作品があって
とてもとても楽しかったです!!

しかし、美術館ってすごいね。
作品達がね、多くの人に観てもらって、
みんな生き生きしてた・・・。
おんなじ作品でもきっと、
アトリエに居る時と、美術館にいる時と、
絶対表情違うと思うんだよね。

そう考えると、キュレーターの方はすごいなぁ。
作家と、作品と、美術館と、お客さんと・・・
みんなのいろんな『想い』を繋ぐ。
とっても素敵なお仕事ですね。
なんだかそんなことを思いました。








2011.10.05 Wed l アート l コメント (0) トラックバック (0) l top
久々に金沢21世紀美術館に行ってきました。

まず最初に見たのは
『Inner Voice 内なる声 』
という展覧会。

塩田千春さん
藤原由葵さん
お二人とも気になったのですが、
一番気に入ったのは、
ジェマイマ・ワイマンさん。
【肖像の集合】
というコラージュ作品。
全体的にガイコツみたいな形になってるのですが、
そこにはられた写真たちが気になってしまって。

良かったですとっても。
ああいうの大好き。
欲しいなぁ…と思ってしまった。


次に観たのは
『イエッペ・ハイン 360゜』
デンマークの若手作家の方ですが、
頭に機械を着けて、何もない空間を歩くんです。
でもその空間は迷路のようになっていて、
見えない壁にあたると、その機械から
警告音のようなものが流れるの。

だからね、つい、壁なんかないのに止まってしまって。
実際には無視して歩くことも出来るんだけど、
ついね、警告音に従ってしまうの。

あれ楽しいよ本当に。
とっても楽しかったよ。


私は現代アートとか全然詳しくないし、
知らないことばかりなんだけど、
今日はワクワクしたし、面白かったです。


アートってやっぱりいいなぁ。
何がどう、とか、説明はできないんだけれど。
やっぱり好きだな、って思いました…。
2011.08.02 Tue l アート l コメント (0) トラックバック (0) l top